ラフテルロゴ

06-6531-1068
受付時間 平日9:00~18:00

農地転用

藤井寺市の農地転用なら
地域に不動産に精通したラフテルが
万全のサポート!!

農地転用とは?

農地を住宅地や工業用地、道路、山林などの用地に転換することを「農地転用」といいます。また、駐車場や資材置き場など、農地をそれ以外の用地にすることも「農地転用」となります。農地を売買したり、農地以外にしようとする場合には、市町村の農業委員会や都道府県知事などの許可が必要です。 農地転用の許可を受けずに農地を転用した場合は、農地法違反となり、工事の中止や元の農地に復元させるなどの命令が下り、これに従わない場合には罰則が科せられます。

農地転用の種類

農地を耕作や養畜目的で売買、貸借を行いたい場合など、主に権利の移動を行う場合

農地法3条許可の許可申請が必要です。
農地を引き継ぐ方の住所が、農地のある市町村と同じ場合は市町村農業委員会、異なる市町村にある場合は県知事の許可が必要です。

農地の売貸することなく、当人が住宅用地などに「転用」したい場

農地法4条許可申請が必要です。
農業振興地域内の農用地区域である土地については、農用地区域から除外後でなければ転用申請が出来ません。
※農業振興地域とは、自然的・経済的・社会的条件を考慮し、まとまりある農用地を一体として農業振興を図ることが出来る県が指定した地域のことをいいます。

所有している農地を、他人に売買・賃借し、別の目的に「転用」する場合

農地法5条許可申請が必要です。
農地法第4条の場合とほぼ同じです。
農業振興地域内の農用地区域である土地については、農用地区域から除外後でなければ転用申請が出来ません。
※農業振興地域とは、自然的・経済的・社会的条件を考慮し、まとまりある農用地を一体として農業振興を図ることが出来る県が指定した地域のことをいいます。

藤井寺の農地転用 専門家が解決します

藤井寺で田んぼや畑などの農地をお持ちの方、
こんなお悩みはありませんか?

よくわからず迷っているうちに、高く売却できる時期を
逃すケースが多々あります。
農地転用の専門家がお悩み解決します!

藤井寺で田んぼ・畑などの農地を高く売りたい方はぜひ当社にお任せください。「自分の土地は農地転用ができない」と思っていても、しっかり調べれば大丈夫なケースもあります。ですが、自分の土地が農地転用可能かどうか、ほとんどの方がご自分ではわからないと思います。ご相談いただきましたら、当社ですぐお調べいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

お客様の声

収益を得られるのか、節税になるのか。

相続した土地の農地転用を検討していましたが、自分たちだけでは手に負えず、地元の不動産に詳しいラフテルさんに相談いたしました。とても親身に相談に乗っていただき、不安なくお任せする事ができました。

農地転用ができる土地なのか不安でした。

担当いただいた方がとても親切な対応で安心できました。藤井寺での経験豊富なラフテルさんに依頼してよかったです。

農地転用 ご相談からの流れ

農地転用後に建築を予定している場合

戸建・マンション

農地の所有者以外が申請する場合

戸建・マンション

農地転用について他法令の許認可がある場合

戸建・マンション

転用を行う申請者が法人の場合

戸建・マンション

新着情報

よくあるご質問

回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。

回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。回答が入ります。